パネルメンテナンスはなぜ必要なの?

太陽光パネルは「メンテナンスフリー」というフレーズが、合言葉のように使われていた時代がありました。
しかし実際は、メンテナンスを怠ることで様々な不具合・資産運用面でのデメリットが生じます。どうしてメンテナンスが必要なのでしょうか?

①太陽光パネルの汚れは、「雨では落ちない」
「メガソーラーの発電モジュールはメンテナンスフリーだ」と根拠のない説がありました。太陽光発電パネルが、傾斜をつけて設置されていたり、 雨や風で汚れは落ちると考えられていたためです。
②汚れが蓄積すると、発電効率はどんどん低下
しかし実際には、こびりついた鳥の糞や、モジュール間の溝にたまった汚れが蓄積され、実際に発電効率の低下を招いているケースがほとんどです。


③汚れ除去し、発電量をキープ!
あるメーカーによると、パネル汚れによって年間1%から5%ちかく発電効率が下がるそうです。雨や風である程度の汚れが落ちたとしても、メンテナンスを行わないことで、最大5%もの発電効率の低下を招きます。
機器を健全に保つことで発電量をキープし、故障の要因を減らせるようメンテナンスすることが大切です下の図は、汚れによってどれくらい発電量が低下するのかシミュレーションしたものです。
定期的なパネル洗浄をした場合と、そうでない場合では、大きな差が出る事がお分かり頂けるはずです。

どうして専門業者にメンテナンスを依頼するべきなの?

 

水道水での洗浄では、パネル表面に不純物が付着し新たな汚れに。
水道水に含まれるカルキは、洗浄後すぐに拭き取らないとパネルに付着してしまいます。
付着したカルキは白く石灰状に固まるため、取り除くのが難しいのです。そのような事態を防ぐため、パネルの洗浄では純水を用います。
綜合建物のパネルメンテナンスでは、純水装置使用。水の含有物質を専用フィルターで除去し、太陽光パネルへの付着を減らし 安全な洗浄をします。
②プロは、洗いムラ・パネル表面の傷つきを作らない!
人力によるブラシ洗浄や高圧洗浄では、どうしても洗いムラが生じてしまいます。
専門のノウハウのない業者が洗浄を行ったり、専用ブラシを使わないと、パネル表面が傷つく原因にもなります。
そのようなリスクを減らし、効率的な洗浄を可能にするため、SOUKENは最新鋭の機器「PVCleaner」「SOLAR BRUSHER」を導入しています。ムラをなくし、 パネル表面を傷つけない。さらに圧倒的な技術とスピードで、人的コスト圧縮にもアプローチしています。 
③高所作業は高度な専門性が必要。作業者の安全も考えて、最新鋭の機器を導入しています。
従来の人の手による洗浄は、洗いムラや作業時間が必要なだけでなく、安全面でのリスクも生じます。
最新鋭の機器を取り入れることで、「人コストの圧縮」「作業スピードの向上」に加え、「安全性への配慮」もカバーしています。労災の可能性にも配慮したメンテナンスを行っています。
④地形や設置状態の把握、機械の操作には、熟知した専門知識と技術が必要です
雪が多い地域、海が近く潮風の影響を受ける地域、火山の影響を受ける地域など、設置場所によって様々な地域特性があります。
地域特性によってパネルの汚れ方は異なり、洗浄方法も異なり、機械の動かし方にも影響は及びます。
わたしたちSOUKENは、ビルメンテナンスの専門業者としてのノウハウを活かし、太陽光パネル洗浄のプロとして、太陽光発電業者の方々にとって最適な資産運用をサポートします。

 

お見積フォーム

PAGE TOP